スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマースクール in 盲学校

夏の集い(その2)も書き終えていないのに次のイベントが始まってしまった

先日、マフユが教育相談に通っている盲学校でサマースクールが開かれた。

盲学校の教育相談にはマフユのように全盲や弱視の赤ちゃん以外に弱視でありながら地域の学校に通ったり、養護学校に通っている子どもたちも来てはる。
で、その教育相談に来ている子どもたちや家族の交流を深めるために毎年、夏と冬に行事が行われているそうです。
子どもたちは先生方と一緒にプールとカキ氷を楽しんで
親たちは盲学校にかかわりのある方からお話を伺うというスケジュール。

今回も兄弟を引き連れて参加してきました。

今回、お話をしてくれたのは今年の3月に定年を迎えられた盲学校の教師(理療科の)で
御自身は先天性の全盲で2番目のお子さんが弱視である、というK先生。
視力障がい者の本人でありながら視力障害者の親でもあると言う立場からお話をしてくれました。


印象に残ったのは、少々の怪我には目を瞑り子どもに色んな経験をさせてあげて欲しいと言われていたこと。
見えていないんだからと考えて、親や周りの人は「危ない!止めなさい。」って止めるけれど
視力障がい者はただでさえ経験不足になるのだから命にかかわるような時意外は見守ってあげて欲しいって。
危ないことや、痛いことも経験させてあげてって。

わかるんやけど難しいなあ~。

実際、先生のお子さんは高校の時けがをして、眼球摘出してしまったそうで・・・。
そういうことがあった上でも、残存視力を守るために大事に大事に育てるよりも経験を選ぶとおっしゃっていました。


K先生自身も子どものころから色んなお手伝いをしてきて
今は自分でお料理もするし、お化粧をしたりもしてはった。
(このお化粧が上手なんだよな~)
服装もおしゃれで目が見えていないなんて思えないくらいよ。


マフユは耳の障がいもあるしK先生の事情とはまた違うけれど
参考になる話もあって充実してました。
先輩ママたちにも出会えたし。

そうそう、先輩ママさんたちの悩みの殆どが就学問題で、
私なんか「マフユは盲学校に行くんだろうなー。」って決め付けていたんだけど
盲学校はひとクラス2,3人しかいなくて子どもの社会性が育たないといって養護学校へ転校した人、
地域の小学校に点字も学びながら通っている人
地域の学校に弱視学級を作ってもらった人・・・と様々で
しかも普通校に通わせる場合は教育委員会とかにも行かなきゃ行けないとかナントカ・・・・
聞いてるだけで頭イタイわ。

マフユの就学はまだ先の話やけど幼稚園は3歳からだっけ。
言ってる間に幼稚園問題がはじまるのね~。
ちょっと憂鬱になったわ。



上の子たちは楽しかったみたいで
ハルナなんか最初は乗り気でなかったのに
お友達まで作って住所交換して帰ったもんね。
兄弟たちも少しずつ世界が広がってるなあ。
スポンサーサイト

テーマ : 障害児と生きる毎日。 - ジャンル : 育児

COMMENTS

うちの母が盲学校教師してたって言ったやん?
母が言ってたけど、全盲だけど自転車に乗れる子がいたって。
あと弱視だったけど、母親が健常児と同じように育てた結果
普通の高校へ行って、就職もして結婚して母親になったって人もいるんだって。
色々経験させてあげたいけど、危険な目に合わせちゃうかも・・・
って少し気になっちゃうの、私にはわかるなぁ。

コタが見えないかもって言われたとき母に厳しく言われたのが
とにかく生理整頓。いつもこれはここにあるって決めて置かないと
わからなくなるし、家が汚いと怪我することがあるからって。
ナツぼんさんとこはマフユちゃんだけじゃないから大変だろうけど
みんな上の子ばっかりだし協力してもらって頑張ってね。

盲学校だと就職や専門知識は身につけられるよね。
あとは、普通学校よりも縦割りでの交流があるから
そういう意味では社会性が云々ってのはどうかな。
あとは何がマフユちゃんにとって一番いいのかと
自治体の体質次第かな。
障がい児の親は節目節目で大変だけど、可愛い子供のためやもん。
あとで後悔せんように、子供第一で頑張りましょ!

こたままさん

そうだった、こたままさんのお母さんは盲学校の先生だったっけ。
へえ~、全盲で自転車かー。
その子にも驚くけど、その親も凄いなあ。
そんな勇気わたしにはナイわ。

>就職もして結婚して母親になったって人もいるんだって
そうそう、こういう方で、お子さんも弱視のかたも来てはったわ。
重複障がい児には難しいよね。(ってこういう諦めがダメなんだよね。)


整理整頓と物の置き場所決めておくのは大切だよね。
今のトコほぼ動かないからいいけど歩くようになったら気をつけなきゃね。
そのためには今から整理整頓だわね。
(子どもたちも普段は片付けなんてしないのに 「マフユが怪我するで!」って言ったら片付け出すのよね。マフユ様様です。)


>あとは何がマフユちゃんにとって一番いいのか
やっぱ、これに尽きるよね。
一番いいことは年齢によっても変わってくるしね。

全盲なのに自転車乗ったりお化粧したり…って、ホントすごいよね。
想像も付かないし、信じられない世界だわ~。
…さ、差別的発言に聞こえちゃうかな?悪い意味じゃないんだけどi-201

経験させる事が大事って分かるけど、親はヒヤヒヤしちゃうよね。
私だったら、「あーっ、そんな事ダメダメ!」って
可能性を摘む親になりそうだわi-202

来ちゃいました~♪

早速お邪魔させていただきます!

健常児でさえつい手や口が先に出てしまって
失敗を重ねて学ぶことを親が避けて通らせてしまいがちなのに
障害児にあえて経験をさせる事は、親ならば誰もが
躊躇してしまいますよね。
それがもう無意識になってしまってる自分が怖いです;

お化粧も自転車も人の何倍も努力されたんでしょうね。
結果よりその努力に頭が下がる思いです。
何が出来るとかではなく、努力をしようとする気持ちを
大切に育てて行きたいですね。
な~んて言ってる私が努力に一番遠い女です;

ご家族の紹介に今度は私が共通点を発見です(笑)
ご主人・・・ゲーム好きなんですね(^^;
うちの旦那も狂が付くほどのゲーム好きです。
それと、一番上のお嬢さんがうちの娘と同じ年。
ちなみに私は1971年早生まれなんで、もしかして同学年?

これからもじゃんじゃんお邪魔しますね~♪

シャナさん

>差別的発言に聞こえちゃうかな?
大丈夫、大丈夫聞こえないって。
わたしもね、お料理やってる全盲のかたをテレビで見た時、驚いたよ。

お化粧はね、最近は大手の化粧品メーカーがお化粧教室を開いたりしてるらしいよ。
失敗も多いらしいけどスバラシイわー。

>可能性を摘む親になりそうだわ
そうそう、私も。
先生の話は上の子たちの子育てにも通じるなーって思ったんやけど
障がい児だって健常児だっていっぱい失敗させなきゃいけないんだよね
頭ではわかってるんやけどついつい口も出るし手も出るし・・・反省です。

ぴのさん

いらっしゃいませ!
せっかく来てくださったのに返事が遅くなってすみません。


シャナさんにも言ったんだけど
失敗しないように、傷つかないようにってホント手も足も口も出してしまってます・・・・。
子どもたちもそれに慣れてしまって
次に何を行動するべきか考えることができなくなっているようでそれがコワイ・・・。


ホントに人一倍努力されてきたんだろうと思います。
見守っていた後両親もすばらしいです。
そういう所に気がつかれるぴのさんはきっと努力家なんでしょうね。


あ!ご主人ゲーム好きですか~。
子どもの相手するより何よりゲームが好きで困ってますe-263
あと、ぴのさんと私、同学年だわ。
でも4月生まれなのでほぼ1年違うんだわ(T^T)

サマースクールいいねv-238

みゆきさん

サマースクールでは色んな人に出会えて楽しかったです。
また参加したいです。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

盲学校の最新情報!

学校へ行きたい!より学校の最新情報をご紹介!盲学校に通う子どもたちの写真展ここで、先月7月3日~8月26日の期間、盲学校に通う子どもたちの写真展「Kids Photograhers 子供は天才!」が開催されている。残り期間が短い
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。