スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保健師、Hさん

ナツぼんの住んでいる地区担当の保健師Hさんは
ナツぼんがはじめて行くところには必ずといっていいほど付いてきて下さる。
前回は「希望教室」にはじめていったとき。
そのときは朝9時から14時までの時間をマフユのために使ってくれはった。
今回、役所に身障手帳の書類を取りに行くときにもわざわざついてきてくれることになった。

地域の保健師さんってヒマなん?他の人もこんなに親切なのかな?
新人の保健師さんやから勉強も兼ねて色んなところについて来てくれはるんやろか? (保健師になって2年目だそうです)
それとも・・・ナツぼんのことが好きなんやろか~(*ノェノ)キャー
ダンナが言うには 「ナツぼんが頼りなさそうやから」 と言ってますが。

理由はどうあれ初めての場所に子連れで行くときに
ついてきてくれる人がいてるって助かるぅ。

今回、役所に行く前には身障手帳のこと色々調べてくれて、
「特別児童扶養手当の申請も同時にしましょうかー。」 とか、
「引越しのことはギリギリまで言わなくていいですよ、引越し先で申請してって言われたら面倒やから。」 とかアドバイスしてくれた。
役所でも一緒に話を聞いてくれて、
「眼科だけじゃなくて耳鼻科の診断書も貰って帰りましょう。」 と、私の気づかない所まで考えてくれていた。 (将来、補聴器を作る時に補助が出るのよね。)

それだけじゃなくてマフユの離乳食の件では
わざわざ保健師さんのほうから電話してくれて、栄養士さんと話をさせてくれたし。

なんというか、保健師さんって皆さんこんなに親切なの?
たまたま親切な保健師さんにあたっただけかな?
引越し先の保健師さんとギャップがあったらイヤやなー。





スポンサーサイト

COMMENTS

んまぁ~~~っ 羨ましいわ~!
うちの保健センターの保健士さん、ハッキリ言って全然アテにならないわよぅ。
ぽよんが0歳の頃で、障害があるのかどうかも分からないけど とにかく発達が遅くて心配
って相談した時も、当たり障りのないことしか言われなかったし、
その後もまた自分から行かなきゃフォローはされなかったし。
訓練施設の事も まるっきり無知だったし。
役所への申請書類でアドバイスなんて、絶対ないよ。
一応、立場的には役所側の人間だしさ。

私がそんな時頼りにするのは、社会福祉法人の中の福祉コーディネーターさん。
すごい親身になってくれるおばさんなんだけど、ただすごく忙しい方なので
あんまり甘えられないのも事実。。。

私の介護のバイトをしていた学生も私の介護に入ることによって、看護士の道をあきらめて、保健士になった人が人がいるよ。

シャナさんへ

そうだよねー。こういう親切な人にタマタマ当たったのね。
役所の窓口の人も親切でさー
手帳が出来たら引越し先の住所に送ってくれるって。しかも転出届で住所調べてくれるんやって。
特別児童手当(?)申請中ですって言うメモも書いてくれて
「これ、引越し先の担当者に見せたらいいよ。」 とかしてくれるし。
なんだか親切な人が多くて引っ越すのイヤになってきたわ。

捨てる神あれば拾う神ありやね。
福祉コーディネーターっていう仕事もあるんやね。
頼りになりそう!

みゆきさんへ

みゆきさんとの出会いがその人の進路を変えたんですね。
人との出会いって面白いな。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

保健について

保健保健(ほけん health)とは、健康を保つこと。人間の健康維持に関連する資格・施設・食品などは、「保健~」という名称で呼ばれる。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History Licens
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。